1)開発の背景
納豆は大豆により健康効果があり、また納豆菌により発酵させることにより、ナットウキナーゼによる血栓予防効果や、ポリアミンによる動脈硬化を抑制する効果等 非常に高い機能性をもった食品です。
それら納豆の高い機能性に着目し、日本及び海外のBacillus subtilisを探索し、その一部の菌にα―グルコシターゼを阻害する活性がある菌株を発見しました。
その菌株をDC-15と命名しました。

2)機能性納豆菌 DC-15の特徴
α―グルコシターゼ阻害剤を多量生産するDC-15納豆菌により発酵させた納豆においても、高いα―グルコシターゼの阻害活性を示し、食後の血糖値の上昇を抑制し、結果ダイエット効果もあり、最近問題となっています、メタボリック対策上も非常に有効で、糖尿病予備軍の方にとりましても、非常に有効な働きを期待できます。現在まで日本の納豆ではα―グルコシターゼ阻害活性が確認できていません。

3)α―グルコシターゼとは?
α―グルコシターゼとは、小腸に存在する糖分解酵素で、α―グルコシターゼの働きにより、炭水化物はブドウ糖に分解され吸収されます。
したがって、α―グルコシターゼの働きを阻害することにより、ブドウ糖への分解を抑制し、食後血糖値の上昇を抑制できます。

4)DC-15納豆菌の応用
・納豆
・サプリメント
・食品素材(ラーメン・ピザ・シリアル等)
・ペットフード

5)DC-15納豆菌を使用した納豆の特徴
・DC-15納豆菌により作った納豆は α―グルコシターゼを阻害する活性が高い
・小腸内で消化できなかった炭水化物等が大腸内において、腸内微生物により消化
 されるため、腸の調子が整えられる。
・既存の納豆と比較して 納豆独特のニオイが無く、非常に食べやすい。

腸管での炭水化物の消化

炭水化物の正常的吸収パターン

α-Glucosidase阻害剤の適定量投与時(血糖降下効果)

α-Glucosidase阻害剤の過量投与時(体重減量効果)

韓国国内特許:No. 10-0708286
日本国内特許:第4465337号